Strict Standards: Non-static method Protector::getInstance() should not be called statically in /home/suehirogari/suehirogari.com/xoops_trust_path/modules/protector/include/precheck_functions.php on line 12

Strict Standards: Non-static method XCube_Root::getSingleton() should not be called statically in /home/suehirogari/suehirogari.com/public_html/include/common.php on line 18

Deprecated: Non-static method XCube_Root::getSingleton() should not be called statically, assuming $this from incompatible context in /home/suehirogari/suehirogari.com/public_html/modules/user/preload/Primary/Primary.class.php on line 13
同じユーザーによる、サーバーまたは共有リソースへの複数のユーザー名での複数の接続 は許可されません。 | 社内SEのウェブ制作

2011.06.14ネットワークやPCのトラブル

同じユーザーによる、サーバーまたは共有リソースへの複数のユーザー名での複数の接続 は許可されません。

Windows Vistaでネットワークハードディスク(Buffalo:LS-WVLA43)に接続する際に、
「同じユーザーによる、サーバーまたは共有リソースへの複数のユーザー名での複数の接続 は許可されません。サーバーまたは共有リソースへの以前の接続をすべて切断してから、再試行してください。」
と表示され、接続できない(×がでている)。

このエラーは、エラーの生じているパソコンが、現在ログインしているアカウントではなく、
他のユーザーアカウントで接続先(NAS)に認証されている場合に起きます。
(コマンドプロンプトで net use コマンドをたたいて、接続先に認証されているアカウント情報を確認することができます。)

今回、このエラーが発生した経緯は、
「アクセス制限をかけているフォルダ」と
「アクセス制限をかけていないフォルダ」の
両方をネットワークドライブに割り当てて、
その割り当ての際、「ログイン時に再接続する」を選択すると
発生するようです。

つきましては、「アクセス制限をかけていないフォルダ」は、
ログインする必要はないので、「ログイン時に再接続する」
にチェックを入れない ことで、問題は回避できそうです。

また、net use で調べた際に「利用不可」とでていた場合は
一度アカウントをリリースしてから、

(リリース方法
NET USE * /DELETE
全ての接続を解除します。)


再度ログインをすると、アクセス可能です。

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (20873)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/234

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ