2012.10.24電子書籍関連

kindleストア10月25日オープン。イーブックイニシアティブジャパンやパピレスが競合

 kindleストアが10月25日オープンします。

これまで、電子書籍関連株として値を上げてきた、イーブックイニシアティブジャパンやパピレスの株価は今後どのように動くのでしょうか。

 

10月25日には、Amazon.co.jpで「Kindleストア」がオープンし、日本語の電子書籍が販売されるとともに、iPad、iPhone、Android向けのKindleアプリが提供される。

 

 日本版のKindleストアには、角川グループパブリッシング、幻冬舎、講談社、小学館、新潮社、文藝春秋など多数の出版社が参加し、日本語電子書籍を5万タイトル以上提供。オリコン週間“本”ランキングのBOOK(総合)、文庫、コミック、各部門の上位の多くのタイトルをカバーしたとしている。

 タイトルの中には、合計1万5000を超える漫画タイトルと、日本の名作などの無料の日本語書籍1万タイトル以上が含まれる。ストア全体では、英語やその他言語の海外のベストセラーを含め、合計140万タイトルを超える品揃えを提供する。

 書籍のラインナップとしては、「光圀伝」(冲方丁著)、「ツナグ」(辻村深月著)など最新の人気書籍や、漫画でも「テルマエ・ロマエ」(ヤマザキマリ著)、「マギ」(大高忍著)など人気作品を提供する。

 また、「新世界より」(貴志祐介著)の特別限定版や、「人生がときめく片づけの魔法2」(近藤麻理恵著)、「新宿鮫」(大沢在昌著)シリーズ全巻などをKindleストアで先行・独占販売。11月2日発売予定の「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ最新刊の独占先行予約も、Kindleストアオープンと同時に開始する。 

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5536)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/620

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要
新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ