2015.11.14セキュリティ関係

マイナンバーの郵送時の注意点~透けない封筒と簡易書留~

マイナンバーを郵便で郵送する際に注意すること

従業員がたくさんいる企業や、全国にスタッフのいる企業・派遣会社・請負会社の人事の皆さんは、
全従業員からマイナンバーを提出してもらう必要があります。

正社員だけでなく、アルバイト・パートを含め、本人だけでなく、扶養家族も対象となります。

 

必ず簡易書留での配達を依頼しましょう

マイナンバーは、重要な個人情報のキーとなる情報です。絶対に漏らしてはいけません。

郵送で送る際には、簡易書留で送りましょう。簡易書留は、受け取る人がいないと配達されません。
郵便受けやポストに投函され、盗難に会う可能性がありません。

郵送時の封筒は透けない封筒を利用しましょう

マイナンバーは漏らしていけない情報ですので、封筒は透けない封筒を選びましょう。


通常の封筒では、開封しなくても、内容物がうっすら見えてしまうことがあります。
プライバシー保護用のシールを貼るか、もしくはプライバシー保護に適した、透けない封筒を選びましょう。

 

クラフト紙の返信用封筒は必ず透けないかチェックしてください

いままで、社内で利用していた返信用封筒をマイナンバー用に利用する際は、透けないかどうかをチェックしてください。
また、簡易書留で送れるように、予め印刷されていると安心です。

 

 激安印刷通販のラクスルで封筒を印刷する場合

印刷通販のラクスルで封筒を印刷する場合は、
用紙の種類を選択する際に、

白色透け防止加工(白)を利用しましょう。




 

各社 大手印刷通販料金比較

以下の条件で比較した場合

カラー : 片面モノクロ 1色
封筒 : 透け防止加工封筒
部数 : 2000部

印刷通販 G社 印刷通販 K社 印刷通販 W社 印刷通販 ラクスル
透け防止封筒なし 17,310円 14,340円 10,670円 しかも送料無料

 

マイナンバーを管理するパソコンのセキュリティを意識しましょう

ネットワークに接続しないというのが、最大のセキュリティです。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5955)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/901

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要
新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ