2010.08.08フリーソフト・ブラウザ関係

3月7日更新

ショートカットが用意されてました。
「 ctl + Q  」 または 「 ctl +  W 」で一括で閉じることができます。
http://community.tabbrowser.jp/forum/viewtopic.php?t=3770

タブがいっぱいで困っている方に。
sleipnirにfirefoxのアドオンRemoveTabsのような動きをするスクリプトを紹介。
しかも、firefoxのアドオンはアイコンのクリックが必要だが、今回紹介するスクリプトは、
マウスジェスチャーに登録できちゃいます。
UserAction Extension 、  右の既読を全て閉じる.js 、 左の既読を全て閉じる.js の
3つのスクリプトをインストールします。インストール手順は下記の通りです。

0.初めてスクリプトを使用する場合はインストールの前に準備が必要です。
まず、[Sleipnirオプション|クライアント|全般|スクリプトによるクライアントの操作を許可する]にチェックを入れてください。
(NT系でこの作業をするにはAdministrator権限が必要です)
これで前準備は終了です。


1.下記のアドレスから、UserAction Extension というスクリプトをダウンロード
実行ファイルを実行して、UserAction Extension をsleipnirにインストール
Download場所 : UserAction Extension
UserAction Extension はユーザーが作成したスクリプトを Sleipnir の機能(アクション)として登録可能にするプラグインです。
※このプラグインは Sleipnir 2.5.14 未満には対応していません。

2.下記のアドレスから 右の既読を全て閉じる.js 、 左の既読を全て閉じる.js をダウンロードします。
Download場所 : アクティブなタブより右(左)側の既読タブを全て閉じるスクリプト

3.sleipnir標準の「 sleipnirオプション 」で、マウスジェスチャーを登録します。
{Sleipnir インストールフォルダ}\plugins\scripts フォルダにスクリプトファイルをコピーします。
このとき、「 右の既読を全て閉じる.js 、 左の既読を全て閉じる.js 」を半角英数字にリネームしてください。
(例えば、 rightdelete.js  ,
leftdelete.js   )
コピーしたら Sleipnir を再起動してください。

再起動後、ツール → 「 sleipnir オプション 」 → 全般「マウスジェスチャ」 画面の下
「アクション」のプルダウンメニューに 、先ほどコピーした rightdelete , leftdelete
の文字が 

 

 

ファイル名がそのままアクション名となり、アクションとして登録されます。
あとは マウスジェスチャ や ショートカットキー に割り当てるなどしてください。

 


アクティブなタブより右(左)側の既読タブを全て閉じるスクリプト


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8059)
2010.07.31フリーソフト・ブラウザ関係

PDFファイルへの変換時の注意

  • 解像度の設定
    • テキスト・白黒ビットマップ画像の解像度は1200dpi
    • カラーおよびグレースケールのビットマップ画像(写真など)の解像度は300dpi

    が目安です(土木学会全国大会講演原稿執筆要領より)

  • 解像度が高いほど,PDFファイルファイルの容量が大きくなります.
  • 第1段審査原稿の容量は,2MB以下です.
  • フォントの埋め込み
    • JISコードで定義されている文字を使用してください.
    • 丸囲み数字,ローマ数字,半角カタカナは使用しないでください.
    • Adobe Distillerの「設定」-「Adobe PDF設定」-「フォント」を選択し,「すべてのフォントを埋め込む」をチェックしてから,PDFファイルを作成してください.
    • ギリシャ文字には,Symbolフォントをご利用ください.
  • 作成者情報の削除
    • 作成者情報が含まれないようにご注意ください.
    • Windows をご利用の方は,作成したPDFファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し,「PDF」および「概要」タブを選択し,作成者欄に記載がある場合には削除してください.
  • セキュリティ
    • 文書を開く際のパスワードは設定しないでください.
    • 「印刷は許可する」設定にしてください.
  • 作成するPDFファイルの互換性
    • 作成するPDFファイルの互換性を指定できる場合は,Acrobat 5.0 または Acrobat 4.0 を指定してください.
  • その他のPDFの機能
    • しおり,サムネール,注釈などは付けないでください.

作成者情報や、
説明:タイトル、表題、カテゴリ、キーワード、コメント
原作者:ソース、作成者、改定番号

を削除したい場合は  「 PDF InfoMaker(フリーソフト) 」 
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/writing/se274059.html


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8064)

新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ