2012.07.26セキュリティ関係

NDA非開示合意契約とは

NDAとはNon-Disclosure Agreement の略で、非開示合意契約と呼ばれています。
自社の機密情報を守るためのものですが、

個人情報保護の観点と、営業秘密の流用による、不正競争の防止のために結びます。

不正競争防止法上の営業秘密とは

「営業秘密」は不正競争防止法により保護されてますが、
実際に流用されて不利益が生じた際に、流用された情報が、「営業秘密」にあたるかどうかが、
重要な争点となります。

そこで、NDAを結ぶわけですが、NDAを締結せずに開示された情報は、そもそも「営業秘密」であると認定されない危険があるので、第三者に業務を依頼する際は、必ずNDAを締結して情報を保護することが重要です。

NDAに競業禁止義務が含まれる場合は特に注意を

また、NDAを結ぶ側にとって注意しなければいけないのが、競業禁止義務です。もし、規定に含まれているのであれば、現在の事業がこれに抵触していないか、また将来予定されている事業がこの規定に抵触することはないかを慎重に検討する必要があります。

企業にとって、特定の第三者に事業活動を拘束されることは避けるべきことであり、競業禁止義務を負っている場合には重大な問題となる可能性も否定できない。

そのため、NDAの締結にあたっては知的財産権が相手方に帰属する規定がないか否か、会社が不当な競業禁止義務を負わされていないか否かについて、特に注意する必要があります。

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6680)
2011.09.16セキュリティ関係

「Symantec Endpoint Protection クライアントのインストール」をクリックして下さい。

 

3.「インストールの準備をしています。」と表示されますので待ちます。


4.「次へ」をクリックして下さい。


5.使用許諾契約の条項に同意できれば、「使用許諾契約の条項に同意します」のボタンを選択し、「次へ」をクリックして下さい。

6.クライアントの種類は「管理外クライアント」を選択します。

7.セットアップタイプとして「標準」を選択し、「次へ」をクリックして下さい。


8.「インストール」をクリックして下さい。


9.インストール中は下記のような画面が表示されます

10.インストール完了画面が表示されますが、このまましばらく待ちます


11.自動的に、シマンテック社のサイトから最新版のセキュリティ関連の定義ファイルをダウンロード(Liveupdate)しますので、待ちます。

12.Liveupdate完了画面が表示されますので、このまま待ちます。


13.「再起動通知」画面が表示されますので、「今すぐに再起動」をクリックして再起動して下さい。



こ れで、Symantec Endpoint Protection のインストールは完了です。 インストール後は、「Windowsファイアウォール」が「無効」になりますので、「有効」に戻して利用されることをお勧めします。利用上問題があれば 「Windowsファイアウォール」はいつでも手動で「無効」にすることができます。

なお、このソフトウェアは、セキュリティ関連の定義ファイルを、常に最新の状態にして、コンピュータがウイルスに感染していないかを、定期的にチェックしなければ、効果はありません。
引き続き、セキュリティ関連定義更新(LiveUpdate)のスケジュール設定と定時スキャンの設定を行って下さい。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11278)
2011.04.23セキュリティ関係

norton internet security 2011 product key の確認の方法

1.購入したCDの袋

2.ダンロード版の場合、シマンテックストアから届く確認の電子メールの中。

3.複数台インストールできるパック製品の場合、 インストールされているノートンインターネットセキュリティの右上 Nortoアカウント から、Nortonアカウントを作成、または、ログインすると、
利用できているノートンインタネットセキュリティのプロダクトキーを確認できます。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16130)
2010.09.28セキュリティ関係

          PC1                          ルータ                                 PC2
192.168.11.2 OK→ 192.168.11.1(ルータ)←OK 192.168.11.3
              192.168.11.2 NG→ ←OK 192.168.11.3
                        127.0.0.1←OK OK→ 127.0.0.1

ルータまでは通る。
1.PC1 から PC2 にはpingが通らないが、
2.PC2 から PC1 にはpingが通る。
 

1.PC2のファイアウォールが PC1からのPingを防いでいる。
2.PC2からのPingを PC1は受け入れられる。

ループバックが通るので、NICは正常っぽい。
片方だけブロックされるのはおかしいので、セキュリティソフト ノートンアンチウィルス がおかしそう。

1.ノートンアンチウィルスの スマートファイアウォール を オフ にすると、PC01 から PC04 へのpingが通るため、 スマートファイアウォール が遮断していることがわかる。

2.ノートンアンチウィルスに、PC01(192.168.11.11)は安全であることを認識させる。
そのためには、 インターネットセキュリティー2010の管理パネルを開き、 真ん中あたりの 「ネットワークセキュリティマップ」をクリック。 (セキュリティマップの更新をする必要があれば、更新する。)

3.ネットワークセキュリティマップのウィンドウが開くので、 左側のネットワークの詳細 で ローカルエリアを選択(無線LANでルータと接続している場合はSSID名)

4.ルータに接続されていれば、自動でローカルのパソコンが読み込まれているため、上に表記されている接続したい(させたい)PCをクリックし、 保護レベル を 完全な信頼 へ変更する。

5.もしも、接続したい(させたい)PCが表示されいてない場合は、 左側の[+] より、個別にパソコンを登録する。

以上。

なお、それでもおかしい場合は、ファイヤーウォールの設定を一度、リセットする。
1.ノートンインターネットセキュリティ管理パネルの真ん中の ネットワーク 設定 の設定をクリック。
2.出てきたウィンドウの下の スマートファイアウォール の項目の 「拡張」 をクリック。
3.ファイアウォールのリセット をクリックし、 ファイアウォールをリセット。

 

 

 

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11230)
2010.07.26セキュリティ関係

組織は、機密性、完全性、可用性に対する脅威から、組織の情報誌さんを守るために、さまざまな対策を行う必要があります。
このとき、場当たり的に対策を講じていると、効率が悪いだけでなく、コストがかさんでしまいます。
そこで、限られたコストで最大限の対策ができるように、情報セキュリティマネジメントシステムの概念を取り入れ、
これに沿って、体系的カツ系統立てて情報セキュリティに取り組みます。

ISMSとは、情報セキュリティを確保・維持するために、技術的、物理的、人的、組織的な観点からの対策を、経営層を中心とした体制で組織的に行うことです。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7729)

新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ