Strict Standards: Non-static method Protector::getInstance() should not be called statically in /home/suehirogari/suehirogari.com/xoops_trust_path/modules/protector/include/precheck_functions.php on line 12

Strict Standards: Non-static method XCube_Root::getSingleton() should not be called statically in /home/suehirogari/suehirogari.com/public_html/include/common.php on line 18

Deprecated: Non-static method XCube_Root::getSingleton() should not be called statically, assuming $this from incompatible context in /home/suehirogari/suehirogari.com/public_html/modules/user/preload/Primary/Primary.class.php on line 13
DreamweaverCCを使ったサイトルート相対パスとbracketsの便利機能について | 社内SEのウェブ制作

2018.11.22xoopsズープス

DreamweaverCCを使ったサイトルート相対パスとbracketsの便利機能について

サイトルート相対パスと、brackets の機能について

サイトルート相対パス → サイト設定でローカルサイトフォルダーを指定したうえで、
詳細設定のローカル情報の 相対リンクをサイトルートにして、

Dreamweaverのコーディング時に、CSSや画像のリンク時に、サイトルートを選択すると、
サイトルート相対パスで、パスが書き出される。

bracketsの便利機能について
CSSの参照機能である、
ctl+E(コードヒント)でファイルを移動せずとも、CSSを変更する機能は使えるものの、
しかし、bracketsの便利機能である、画像を確認する機能は失われる。

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2434)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/964

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ