2017.07.10seo対策

自社のサイトがgoogleに評価されているキーワードを探す方法

google search consoleを使います。

google search consoleでオーガニック検索で表示されるキーワード(クエリ)と、
自社の順位を知ることができます。

サーチコンソール > 検索トラフィック > 検索アナリティクス
のページで、クリック数、表示回数、CTR、掲載順位のすべてにチェックを入れて、
クエリのラジオボタンを押しましょう。

そうすると自社のページがどんなキーワードでどれだけ表示されていて、
どれだけクリックされているかがわかります。

csvファイルをダウンロードします。

出てきたcsvファイルをエクセルで開きます。

検索キーワードは複合キーワードも含まれますので、
エクセルの置換で 空白を 改行 に置換します。 (改行は \n)

キーワードが単語で切れるので、あとはエクセルの関数の、
カウントIFでキーワードの数を数えます。

=COUNTIF($A$1:$A$2260,"*"&A1&"*")

数の多いキーワードがニーズが高く、自社のページが評価(表示)されている
キーワードです。

補足
数式で出てきた数字をテキストとしてコピペして、
キーワードのセルを 「 データ > 重複の削除 」で消すと、
思っていた資料がすぐにできますよ!


このカテゴリの人気記事



2015.06.11seo対策

ドリームウィーバーのバリゲート機能の「This interface to HTML5 document checking is deprecated」は気にしなくてOK


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3355)
2015.01.12seo対策

google analytics(アナリティスク)から検索キーワードが消える

2015年1月12日analyticsからキーワードの項目がどこかへ消えました。

答えは、

集客 → すべてのトラフィック → 参照元/メディア → キーワード です。

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3374)
2015.01.09seo対策

1000ページ以上のsitemap.xmlを作成はCrawler-Watch

1000ページ以上をウェブ上で自動生成してくれるサービスが見つからず、困っていましたが、英語表記のソフトですが見つかりましたので、ご紹介いたします。

GSiteCrawler

右上の「Download」から、Crawler-Watchというソフトをダウンロードし、
GSiteCrawler-123-full.exeを起動し、インストールします。

Crawler-Watchの日本語説明

上部メニューのAdd new projectをクリック

まずは、上部メニューの Add new project


Main address of your website[directroy]
あなたのホームページのアドレス 例:http://hogehoge.com/

Name for this project
この設定の名前 ※自動で、ドメイン名が入力されます。特にこだわりがなければ、そのままで結構です。

step1of4:Website Address

step2 of 4:some options オプションについて


these options define how the program will check your site and which pages it should look at.if your's unsure,just leave them with the default settings.
あなたのサイトやページをどのようにチェックすかどうかをこのオプションで設定します。もし、良くわからなければ、デフォルトの設定のままで結構です。

-----------------------------------------------------

□ URLs are case-sensitive[Linux/Unix-servers]
Some servers think that files with a different case[e.g. /page.htm and /PAGE HTM] are different file[usually Linux or Unix server]. Ohter servers ignore the case[e.g. Microsoft Windows servers]
□アドレスは大文字と小文字を区別する
リナックスとユニックスサーバーのように、サーバーによっては、大文字と小文字を区別します。一方、ウィンドウズサーバーなどの場合では、大文字と小文字の違いは無視されます。

□ Include default filters for Session-IDs?[phpsessid,phpsessionid,sessionid,session,etc.]
Session-IDs are special parameters that some server-programs add to links. They usually look like this:'...&session=AKLSJDAKHUIEY7.You should not include these in a Google Sitemap. this option will remove the most used session-IDs automatically.
□セッションIDによるフィルター(を利用したURL)を含めます。
セッションIDはアドレスに特別なパラメーターを足します。それらはこんな形式です。「.....」この様な形式のURLはグーグルのサイトマップファイルに含めるべきではありません。このオプションはよく使われるセッションIDを自動的に削除するオプションです。

List of file-extensions to check:
asp,aspx,cfm,cgi,do,htm,html,jsp,mv,mvc,php,php5,phtml,pl,py,shtml
File extensions are the endings of the file. Dome files can be checked by this crawler,some can't.The crawler can only check text-based files-these are also the only ones allowed for Google Sitemaps.
チェックする拡張子の一覧
拡張子とは、ファイル名の一番サイトについているそれです。このクローラーはいくつかのファイルをチェックできますが、いくつかのファイルは、テキストベースのファイルのみ可能です。これらは、グーグルサイトマップに推奨されています。

Ohter file -extensions to list inthe sitemap file:

□Images:gif,jpeg,jpg,png,tif イメージファイル
□Videos; asx.avi,mpeg,mov,ram,swf,spl,wma,wmv 動画ファイル
□Office files:dnl,doc,lwp,pdf,ppt,rtf,wks,wri,xls,xpdf オフィス系ファイル
□Other files:log,mid,mp3,txt,wav 音楽ファイル

※画像や動画、音楽ファイルはクロールが必要無いので、チェックを外します。

step3 of 4:Your FTP-Server


if you want to upload your sitemap file automatically,you can specify your FTP server here.
もし、FTPサーバー経由でサイトマップを自動でアップしたい場合は、FTPサーバーを登録してください。

□Upload sitemap file[s] via FTP

※自動は怖いので、設定しませんでした。

step4 of 4:What can I do for you today?


These are some of the steps I can do for you today. I woukd suggest doing them all.
今回行う作業を指示してください。

□ Read ROBOTS.TXT
The file ROBOTS.TXT can be used to tell search engines where they shouldn't be looking. It's usually used to make sure that administrative pages aren't listed,etc. If you have a ROBOTS.TXT,it's important that you also exclude these areas in your sitemap files.
ROBOTS.TXTファイルを読み込む

□ Check for custom file-not-found error pages
Some server have custom 'file-not-found' pages which look like normal pages. If a server has dhis,it can be hard for a search engin[or me]to tell if a page really exists or if it's missing.With this option I can check for that[but you'll need to tell me what part of the page is the error message].
独自の404エラーページを読み込む

□Import known pages from Google
Unless this is a really new site,Google will already know something about your pages. With this option,I'll check with Google first.Doing that can help the program get started faster.
すでにGoogleに登録されているページを含める

□Scan your website now
If you're satisfied with these settings,I can start scanning your website right away.
今すぐにスキャンを開始する

クロールが完了しても、URL list ページに何も表示されていない場合は、[ Refresh Table ]ボタンを押して、ページを更新しましょう。すると先程まで表示されていなかったリストが表示されます。

 

 

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4292)
2014.12.29seo対策

SEO内部対策の効果ランキングベスト5

  1. タイトルの変更
  2. キーワード数の調整
  3. テーマの際立たせ
  4. 内部リンクの増設
  5. 有用でないページのnoindex化

そこで、自分のサイトで行ったこと。

  • 一番左に出したいキーワードがくるようにタイトルを意識して作る
  • meta keywordで設定したキーワードで、重要度の高い順にキーワード数が多くなるように調整
  • チェックツール:http://www.searchengineoptimization.jp/keyword-density-analyzer
  • トップページは一番重要度の高いキーワードにボールドタグを一つ使う。
  • また、中ページは、そのキーワードと完全に一致するキーワードをテーマとしない。
  • 内部リンクを増やす
  • ユーザーに有用でないページをnoindex化する

また、以下のポイントも重要です。

サイトの表示速度(サイトパフォーマンスの最適化)
使用した表示速度計測ツール:http://gtmetrix.com/

たとえば、javascriptを読み込む前に、cssファイルを読み込ませるなど、
参考:http://vavevoo.web.fc2.com/page/contents/c-062-page-speed.html

エックスツーサーバーは、簡単に表示速度を上げれます

エックスツーサーバーのサーバーパネルに
mod_pagespeed
拡張モジュール「mod_pagespeed」を使用することにより
Webサイトのコンテンツを最適化し、表示速度の向上および転送量の軽減を図ります。
 

というモジュールが用意されていました。
これを使うことにより…勝手にgzipを利用した最適化がされてました!!

追記:googleウェブマスターツールで提供されているPageSpeed Insightでもチェック

JavaScriptの読み込みを遅らせる(非同期にする)方法は以下です。

<script src="hoge.js"> から <script async src="hoge.js">

表示方法に関係しない修飾的な動きを付け加えるJavascriptであれば、非同期にした方が読み込みスピードが上がります。

ウェブマスターツールのコンテンツキーワードで評価されているキーワードチェック

ウェブマスターツールのコンテンツキーワードで、評価されているキーワードをチェックして、意としていないキーワードの重要度が高ければ、そのキーワードの数を減らして、注力したいキーワードの比率が増えるように調整しましょう。(やりすぎは評価を落とします。)


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3034)

新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ