2011.04.07フォトショップ・イラストレーター

illustrator CS5 で ぴったりのサイズで切り出す方法

illustratorは切り出しが不得意 というのが通説であったが、それはスライスツールを使ったときのことであって、単体のオブジェクトを切り出すのであれば、 そのオブジェクトを任意のサイズに拡大、縮小し、アートボードの変更をすることで、任意のサイズで書き出すことが可能。その方法です。

 

1. 書き出したいオブジェクトを グループ化 などでまとめる

 

2. メニューの 「ウィンドウ」→「変形」パネルを開く→変形パネルの w(幅) h(高さ)を数値で変更。(鎖のマークをクリックすると、縦横比を変更しないで変形することが可能です。)

 

3. アートボードを変更します。 ツールバーの アートボードツール(shift + o)をクリックして、出てきたハンドルで、オブジェクトの大きさに合わせてください。

 

4. メニューの 「ファイル」→「書き出し」をクリックして、jpgまたはgifで書き出します。

 

以上サイズに合わせた書き出し方法です。

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13151)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/181

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要
新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ