2012.03.08wordpressワードプレス

ワードプレスをサブディレクトリにインストールして、運用する方法

ワードプレスを、ページ全体のCMSツールとして利用するには、
ワードプレスをサブディレクトリにインストールして、
ワードプレス内で、ブログ以外のコンテンツも作成し、
パーマリンクの変更で、任意のアドレスで、
ワードプレス上で作成したページを表示する方法が
いちばん整理しやすいです。

ワードプレスを、サブディレクトリ(たとえばwordpressディレクトリ)にインストールした後に、
以下の作業が必要です。


管理パネルで 設定>一般設定パネルを開きます。

WordPressのアドレス(URL)欄を、新しいWordPressコアファイルのURLに変更する
例:http://hogehoge.com/wordpress

サイトアドレス(URL)欄を、ルートディレクトリのURLに変更する
例:http://hogehoge.com

wordpressディレクトリ配下の、index.phpを、ルートディレクトリへ
コピーします。(注意:移動や削除するといけません。)

移動後、index.phpを開いて、以下の部分を修正
require('./wp-blog-header.php')

require('./wordpress/wp-blog-header.php')

これで、http://www.hogehoge.com を開いた時に、
ワードプレス内でつくったページであっても、
指定したページを表示することが可能です。
 

/wordprss/のディレクトリ上で完成させてから、
上記の作業を行っても問題なく動作できます。

というのもwordpressディレクトリがなくなるわけではないので、
絶対アドレスで/wordpress/ディレクトリの画像が読み出せます。

wordpressリニューアル時に、作業中を表示しない設定

wordpressを通常通り、「wordpressフォルダ」を丸ごとpublic_htmlの直下に保存し、
完成までの作業を行います。
その間、作業中の画面が見えてしまってはかっこ悪いので、
wordpresdsの一般設定の「サイトのアドレス(URL)」と「FTPソフト」での

「サイトの更新作業中」とかかれたindex.html と、wordpressで利用する、index.phpの関係で
http://www.hogehoge.com のURLで、「サイト更新作業中」のindex.htmlをみせるのか、

wordpressのindex.phpのファイルを見せるのかを操作します。

管理画面の操作

①サイトのアドレス(URL)が http://www.hogehoge.com/wordpress の状態で作業して

②最終的に http://www.hogehoge.com に修正してページを公開する.

③弊社のサーバーでは、index.phpよりもindex.htmlが優先的に読み込まれるため、変更後に、元の画面に戻したいときは、ftpサーバー上で、ファイル名を操作して表示を操作しました。


 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6849)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/447

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要
新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ