2012.05.14金銭的に得する方法

競合他社の自動車保険料を調べて、3万円得しました。

自動車保険の更新の時期となり、いつもよくしていただいてる、保険代理店の方から 自動車保険のお見積りが届きました。 自分の感覚では、30歳を越えれば保険料は安くなるものだと思っていましたが、 届いたお見積もりでは金額が上がっていました。

自動車保険の一般的な相場について

自動車保険の年間の支払額の相場は41,000円~70,000円
今現在、自動車保険に月額4,500円以上支払っている方の多くは、知らぬ間に損しています。 同条件で競合他社の保険会社の価格を調べることで、多い方は30,000円以上得します
では、今の自動車保険料が適正な価格なのか、競合他社では今と同じ条件で、いくらで自動車保険に加入できるのか、 調べてみましょう。

競合他社の自動車保険料を調べるのに必要な書類

自動車保険を調べるのに必要な書類は以下です。

自動車の車検証
大体車のダッシュボードまたは、後ろのスペースに保険屋さんまたはディーラーのビニールファイルに収納されていると思います。
自動車保険の保険証券
大体車検証と一緒に、ビニールファイルに収納されていると思います。
運転免許証
お財布やカードいれに入ってますよね。

複数社の自動車保険料を一括で調べられるサイト

調査する前にあらかじめ確認しておきたい内容は以下です。

予め調べておきたい車についての情報

自動車のメーカー・車の型式
お手元の車検証や、保険証券に記載があります。
車のナンバー
お車のナンバーです。
初年度登録日
車を購入して、登録した日です。

現在の保険について

保険会社
代理店ではなく、保険会社名です。
ご契約期間
新しいご契約をする1ヶ月程度前に見積もるのが無難です。

運転免許証の内容について

免許取得年月日
免許証番号の下の、「他」と書かれている箇所の右に書かれている日付が免許取得年月日です。
免許証の色
ゴールド・ブルー。

保障の範囲について

契約者以外の運転時の保障
私は配偶者も保障されるようにしました。
人身障害保障
人身事故を起こしてしまった際の補償額です。

同条件で、複数社の自動車保険会社の自動車保険料を比較することが可能なサイト

比較して見えてきた自動車保険料の相場

条件の相場

  • 運転する人:本人と配偶者
  • 補償額:3000万円(厚くしたければ5000万円)
  • 対人・対物賠償:無制限
  • 車の補償:100万(古い車であれば0)

上記の条件のときの保険料の相場

41000円~70,000円

特に高い車を新車で乗っているわけではなく、補償額も5000万円よりも高くなければ
年間70,000円(月額5000円以上)付近の金額になりません

小型自動車(ノート、フィット、マーチ、ヴィッツ等)や中型自動車(レガシィ、カローラ、アコード等)を所有している方で、
年間の自動車保険料が6万円から7万円の間の方、または、月額4,500円以上自動車保険料を支払っている方は、
一括調査サイトを利用して、一度保険を見積もると、現在と同じ条件でも、2万~3万近く得をすることがあります。
私は保険の見直しで、年間で3万以上の得が出ました

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14767)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/497

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要
新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ