2013.12.23google+(グーグルプラス)

youtubeの推定収益額と広告の掲載結果について

YouTubeのアナリティクスには「推定収益額」と「広告の掲載結果」という
収益にかかわる2つのカテゴリがあります。

YouTubeで収益が決定される要素として、以下の2つの指標があります。
「広告主へのコンバージョンが発生していくら」
「再生されていくら」
です。

まだまだ、動画の内容と広告内容がマッチしていない(いずれ修正されると思います。)ため、
上記の広告主へのコンバージョンはなかなか上がりません。
それよりも、再生回数を上げることに尽力したほうが収益は上がります。

推定収益額における「広告の収益」というのは、adwordsでいう、です。
また、広告の掲載結果における「再生回数ペースの総収益」というのは、再生されていくらというものです。

1日1000回再生された場合の収益を「再生回数ベースのCPM」という指標で確認できます。
再生回数ベースのCPMは高くても3ドルから5ドル。ただ、1日1000再生されて、
1日500円程度稼げると考えると、いい収益源となると思います。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6321)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/845

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要
新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ