2012.11.15SEM

CPC広告のゴールは「クリック単価は低く、コンバージョン率は高く」です。

CPC広告のゴールは「クリック単価は下げて、コンバージョンは高める」ことです。

クリック単価を下げるには、品質評価を上げる必要があります。
そのためにはクリック率を高める必要があります。

その為の行動は2パターン考えられます。 

お金に余裕があって、成果を急ぐパターン

1.初めに上限入札価格を高くして、クリック率の実績を作って、高い品質評価を得てからクリック単価を下げる。

【1の場合の流れ】 入札価格を上げる→掲載順位が上がる→クリック率が上がる→品質が上がる→クリック単価が下がる

時間に余裕があって、広告費を極力使わないパターン

2.まず品質をすこしずつあげて、クリック単価と掲載順位のバランスが取れてきたら、少しずつ入札価格を上げて上位掲載をねらって、クリック率をあげる方法があります。

【2の場合の流れ】 品質を上げる→クリック率が上がる→クリック単価が下がる→上限入札価格を上げる→掲載順位が上がる→クリック率が上がる 。

上限入札価格は、損益のバランスから決めましょう

最後に上限入札価格は、損益のバランスから価格を決めましょう。入札価格が高ければ高いほどいいとは限りません。ROIを出して、費用対効果をだすのも手です。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5224)
2012.11.14SEM

広告(タイトル、説明文、表示URL、リンク先URL)の変更はできません。

変更をご希望の場合には、お手数ですが、コピー機能を利用して新たに広告作成を行ってください。また、不要な広告は削除してください。

操作手順は、下記広告の作成ページをご確認ください。

http://yahoo-jp-ss.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/1629/session/L2F2LzEvdGltZS8xMzUyODYyMjg0L3NpZC9LTlNqYmRibA%3D%3D


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3395)
2012.11.13SEM

not providedはgoogleアカウントにログインしている人の検索です。

検索時のセキュリティ強化の流れから、

googleアカウントにログインしている状態で検索したキーワードは暗号化され、(not provided)として表示される。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3406)
2012.11.07SEM

2013年1月末にyahoo!IDにログインしているユーザーのユーザー情報に基づき、ターゲットを限定して広告を配信できるyahoo!ディスプレイアドネットワークが開始されます。

yahoo!ディスプレイアドネットワークは、スマートフォンにも対応し、イメージや映像フォーマットも用いることができるらしいです。

それにより、これまで「ディスプレイ広告」としていたインプレッション保証型の商品群を「プレミアム広告」と名前を変更し、

また「リスティング広告」と呼んでいたインプレッション非保証型の商品群を「プロモーション広告」に、名前を変更ようです。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5583)
2012.11.07SEM

PPC広告で最も重要なのはタイトルです

ユーザーが検索キーワードを入力して検索を行ってから、最初のリンクをクリックするまでの時間は、わずか数秒で、また人間が一度に認識できる文字数は3文字程度です。

 

まずはタイトルでユーザーに「直感的な印象付け」を行い、目線を獲得する。

たとえ説明文がどんなにいい内容でも、掲載順位が上位であっても、タイトルによるアイキャッチを逃すと大きなクリック損失となりかねません。

PPC広告のボールド化について

 

現在の検索エンジンは検索キーワードが太字で表記される。
ユーザーの目線は、無意識に「自分が撃ち込んだ検索キーワードの文字列」を探します。
そのキーワードはここですよと太字で出すことによってクリック率を上げることができます。

 

キーワードのグルーピングと広告タイトルのボールド化がクリック率向上のコツ

類似した、いくつかのキーワード群に共通する広告テキストを設定し、一つの広告グループとします。広告グループを細かくする事によって、広告の出稿・停止の管理や評価が楽になります。

広告文章の作り方

 

まず自社のセールスポイントを項目としてしっかり書き出すこと

ただやみくもに文章に盛り込むのではなく、掲載先の他社広告をチェックした上で、他社がアピールしていないセールスポイント、自社のみのアドバンテージを重点的に盛り込んでいくようにしましょう。

 

 

 

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4031)

新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ