2014.01.27日々思うこと

ああ電話に555000から電話がかかってきた場合、 それは表示圏外の地域からの電話です。 一部の国際電話やIP電話、skypeなどから固定電話や携帯電話に電話がかかってきた場合、 電話によっては、電話番号を表示できない場合があります。 その際に、5550000という番号で着信し、出ても通話ができない為、無言電話となっています。

無言電話の原因は外国からの無差別攻撃。対処法

無言電話の原因は050番号を利用するIP電話端末に対して、ブルガリアとマレーシアの2箇所からのIP電話端末(SIP端末)に対して無差別にSIPパケットを送信し、不正接続を試みているとのこと。

IP電話に割り当てられているグローバルIPアドレス(今回は、フュージョンコミュニケーションズから割り当てられているIPアドレス)を開放し、再取得することにより無言電話を解消することが出来るとのことでした。

PBXの再起動により、5550000番からの無言電話の問題は解消することが出来ました。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6294)
2014.01.22xoopsズープス

CMSサイトのサーバー移管作業の備忘録

CMSサイトのサーバー移管作業はデータベース側の作業および、FTP側の作業が絡みます。覚えておかないといけないので、備忘録です。

旧サーバーのデータベースの情報をエクスポート。新DBへのインポート

旧サーバーのphpmyadminにログインして、データベースのエクスポートを行います。
設定のポイントです。

  • テーブルは全て選択
  • エクスポートの種類:SQL
  • 「構造」にチェックを入れる
  • 「DROP TABLE / NEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加」にチェック
  • 「AUTO_INCREMENT値を追加する」にチェック
  • 「テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む」にチェック
  • 「データ」にチェックを入れる
  • 「完全なINSERT文を作成する」にチェック
  • 「長いINSERT文を作成する」にチェック
  • 「BLOBに16進数表記を利用する」にチェック
  • ファイルに保存するをチェック
  • 圧縮:なしにチェック
  • 変換:non

新データベースにSQLデータをインポート

インポート時にチェックするポイント

  • ファイルの文字セット:UTF-8
  • インポートするファイルの形式:SQL
  • SQL互換モード:NONE
  • 変換none

旧サーバーで使用していたファイルを新サーバー用に変更します

変更する箇所

  • データベースへの接続設定ファイル(dbsub.pl   config.php  mainfile.php 等)
  • ルートディレクトリの設定ファイル
  • 旧サーバで利用していたドメイン名の記載がある箇所を、新サーバーで利用するドメインに変換
  • (ドリームウィーバーの全置換を利用)

新サーバーにアップロード(cgiプログラムのパーミッション注意:X2サーバーは775)

ファイルをアップロードする際に、パーミッションに注意。
FFFTPを利用して、拡張子に該当のパーミッションを設定して、全てアップロード

開発の期間中、検索ディレクトリに登録されないように設定する

googleやyahooの検索結果に登録されないようにするためには以下の作業を行います。

  • ベーシック認証でパスワードを設定する。
  • グーグルウェブマスターツールに登録。
  • robots.txtをアップロード、全て拒否に。
  • htmlにnoindex,nofollowを設定

 

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4822)
2014.01.21xoopsズープス

phpMyAdminを利用し、SQL文としてエクスポートする場合の設定解釈(勝手な解釈かも知れない)

■ヘッダーへカスタムコメントを追加する
ダウンロードするファイルの頭に特別なコメントを挿入する場合ここに記述します。

■トランザクションでエクスポートを囲む
トラブル発生時にはその処理を破棄してくれる。つまり作業途中であれば、それまでの処理はなかったことにしてくれるってことで解釈。

■外部キーの検査を無効にする
あるテーブルの主キーが別テーブルでも主キーとして参照されている場合の検査をしないということで解釈。


■構造
・「DROP TABLE」を追加する
インポート時テーブルを作る前に一旦前のテーブルを削除する。つまり入れ替えるということで解釈。

・「IF NOT EXISTS」を追加する
インポート時、もしデータベースに存在しないデーブルがあれば、そのテーブルを削除する。

・「AUTO_INCREMENT」値を追加する
自動的に番号を追加する機能を追加する。

・逆クオートでテーブル名やフィールド名を囲む
SQL文のフィールド名、テーブル名を''文字で囲みます。

・CREATE PROCEDURE / FUNCTIONを追加する
テーブルを作成する際の一連の手順をまとめたプログラムを利用すると解釈。

■データ
・完全な INSERT 文を作成する
SQL文1つに対して1つのデータ(レコード)を作成する。下記の「長い INSERT 文を作成する」のいずれかを選択します。

・長い INSERT 文を作成する
SQL文1つに対して長い複数のデータ(レコード)を作成する。上記の「完全な INSERT 文を作成する」のいずれかを選択します。

・遅延インサートを使用する
インポート時すぐに処理されなくてもその処理を遅らせて次々と行うので結果的には処理速度が速くなると解釈。

・「INSERT IGNORE」を使用する
多くのレコードの INSERT でキーワード IGNORE が指定されていると、テーブルの既存の PRIMARY または UNIQUE キーと重複するレコードはすべて無視され、挿入されません。IGNORE が指定されていない場合に既存のキー値を重複して持つレコードがあると、挿入処理が中断されます。

・バイナリフィールドは 16 進数を使用する
バイナリ(2進数)で表記するより16進数したほうがデータが少なくて済むと解釈。

■エクスポート形式
INSERT:既存のテーブルに新しいレコードを挿入する。
UPDATE:既存のテーブルレコードを新しい値に更新する。
REPLACE:既存のテーブルを置き換える。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4800)
2014.01.13金銭的に得する方法

生活していて自動的に貯まっていくポイントはたくさんあります

  • Tポイントカード
  • 楽天ポイント
  • アマゾンポイント
  • フレッツ光メンバーズポイント
  • auポイント
  • ダイワセゾンカードポイント(家賃のクレジットカード払い)
     

このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3446)
2014.01.12金銭的に得する方法

「LINE」「楽天でんわ」と「SMART Talk」を利用して通話料を限りなく安くする方法

スマートフォンを利用していると、定額のパケット通信料を利用する必要があり、それだけでも5000円程度は毎月支払う必要が出てきます。
そこで、家計の通信費を下げるには、「通話料」を下げる必要があります。

スマートフォンであれば、無料のIP電話サービスが使えるので、
掛ける相手によってサービスを使い分けることで、
通信費を下げることが可能です。

通信費下げる裏ワザ まずは基本プランンを出来るだけ安いものに変更。ショートメールは使わない!FaceTimeも使わない!

まずは、携帯電話の通話プランを安いプランに変更します。私は「プランSSシンプル」です。
また、ショートメールサービス(SMS)は1回の送信に3.5円かかるため、
ショートメールは使わずに、メールやGmailアプリを活用しましょう。
また、FaceTimeも意外と知られていませんが、3G回線利用時にはお金がかかります。
家の無線LANや公衆無線LANにつなげていれば無料ですが、
「wi-fiに接続していると思ったら、3Gで通話してた…」という間違いもある為、
FaceTimeは使わない方がいいです。顔を見たければ、LINEの無料ビデオ通話を利用しましょう。
 

 

通信費下げる裏ワザ0 auを使っている人は電話帳にメモ

多くの方が基本使用料が安くなるため「誰でも割」を利用していると思います。
誰でも割りを利用すると、au同士での会話は深夜の1時から21時の間は無料になります。
また、家族登録をすると、家族間の電話が24時間無料なので、
家族みんなで同じベンダーを使うことをすすめます。


通信費下げる裏ワザ①LINEの無料音声通話をフル活用

LINEでお友達になっている人には、無料で音声通話が可能です。
また電話番号を知らなくても、お友達になれば電話できるのがミソです。
さらに、無料でビデオ通話も楽しめるので、LINEがあれば高校生なんかは
通話料かからないんじゃないでしょうか。

通信費下げる裏ワザ②SMART Talkアプリで050から始まる番号は無料

お友達以外でどこかのお店や企業に電話をする際に050からはじまる番号を利用している店舗や施設があると思います。050から始まる電話番号はIP電話なので、IP電話アプリのSMART Talkを利用すると、通話料が無料になります。

通信費下げる裏ワザ③「楽天でんわ」で通話料半額でいつもの電話番号表示可能!しかも100円につき楽天ポイント1ポイント付加

就職活動中の大学生や、ビジネスマンは、企業や取引先にいままでの電話番号で発信したい方は多いのではないでしょうか。そんな時は「楽天でんわ」を利用してください。
楽天でんわはいつも利用している090や080や070といった電話番号を相手に通知ができ、
しかも通話料は30秒あたり10.5円と、一般的な料金30秒あたり21円に比べると半額になります。
楽天でんわもIP電話サービスですが、品質はいいそうです(楽天発表)

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4071)

新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ