2011.12.19seo対策

無料でできるSEO対策まとめ

無料でできるSEO対策まとめ

内部対策

1.SEO対策を行うキーワードを選定する。

・決定するためのツールと定義
利用するツール:googleアドバイスツール と googleトレンド

  1. 作成したページで検索上位に表示したいキーワードを考える。
  2. そのキーワードの月間の検索ボリュームをgoogleのキーワードツールで調査
  3. 1.で検索したキーワードで月間の検索ボリュームが高いキーワードの上位5位~7位までのキーワードで、SEO対策を行うと効率的にアクセス数を上げることができる。

    1位 ○○○○ 2位 ○○○○ 3位 ○○○○ 4位 ○○○○
    検索ボリュームが一番大きいものから順に、1位、2位です。
  4. googleのローカル月間検索ボリュームを確認、CSVデータをダウンロード
  5. 1位、2位のキーワードが決まったら、googleトレンドで、そのキーワードの年間の検索ボリュームを確認、CSVデータダウンロードします。
  6. ほとんどのキーワードにシーズンがあるため年間のスケジュールを予定するためにも、年間における月間の検索ボリュームを把握します。
    (これを把握してないと、訪問者数の増減に一喜一憂してしまい、広告費の判断を誤ります。必ず行いましょう)

2.metaタグの見直し

タイトル(title)、キーワード(keywords)、説明文(description)
SEOをかけるべきキーワードの順位付ができたところで、metaタグを見直します。

タイトルは25文字以内。1位のキーワードは2つ、2位・3位は一つづつタイトルに入れましょう。

3.キーワードの出現率をチェック

キーワードの出現率をSEO検索エンジン最適化ページ
http://www.searchengineoptimization.jp/ で確認。
※タイトル、キーワード、説明文も確認できるため、誤字・脱字がないか確認。

検索をかけるべきキーワードの出現率が6%~9%以内に収まるように、キーワードを増やします。

----- 文章構造付 -----

4.h1-h3等、文章構造をクローラーが読みやすいようにする。

5.w3cの構造チェック

http://htmllint.itc.keio.ac.jp/htmllint/htmllint.html

6.内部対策の仕上げとして、SEO内部対策チェックツールのG-SEO Monitorで、ウィークポイントをつぶす。

現状のページのHTMLソースでHTMLに弱い箇所がA-D判定で確認できます。弱いポイントをつぶしましょう。

SEO基礎チェックツールG-SEO Monitor
http://g-seomonitor.jp/

7.外部発リンクの数を抑えましょう

外部発リンク(外部サイトへのリンク)は少ない方がいいです。万が一外部にリンクを貼る場合は rel="nofollow" を必ず入力し、ロボットがリンク先を巡らないように宣言します。

8.内部発リンクを増やしましょう

内部発リンク(同ホームページ内のページへのリンク)は多くしましょう。
内部発リンクが多い方が、ユーザビリティの高くて、コンテンツの多いサイト
として認識してもらえます。

9.トップページの表示スピード改善

  1. googleウェブマスターツールのlabs → サイトのパフォーマンスをチェック。遅ければ改善の余地あり。
  2. ページの表示速度を「webwait」で測定する。
    http://webwait.com/
  3. htmlやcssのコメントや、不要なソースを削る。
  4. 画像の容量を下げる

    ファイルサイズをチェックする
    http://www.kaipara.com/cgi-bin/size_check.cgi

10.サイトマップxmlのアップロード

  1. sitemap.xmlファイルをgoogleウェブマスターツールでアップロードします。
    可能であれば、自動で更新されるようなプログラム(xoopsのsitemapモジュール等)を利用する。


    サイトマップ自動生成ツール
    http://www.sitemapxml.jp/

外部対策

被リンク対策

被リンク数を増やします。競合他社の被リンク数を調査して、
2000リンク以上、リンクがあるサイトは、SEO対策サービスを利用していると思います。
競合他社サイトを調査して、上位10位が2000リンク以上ある場合は、自社サイトも、
SEO対策サービスを利用する必要があります。(年額36万程度~)

googleページランキングの高いサイトからの被リンクを増やす

トップページがgoogleランクの高いページへのリンクが望ましい。
(サブページのランクは気にしなくてもよい)

1位のキーワード単体でのアンカーリンクを増やす

1位のキーワード単体で、任意のページにリンクしてもらうのが望ましい。

google アドワーズのディスプレイネットワークの利用

google アドワーズのディスプレイネットワーク配信で、ページの広告を別サイトに掲載することで、被リンクを増強することが可能です。
※掲載先サイトはディスプレイネットワークの「プレースメントツール」で確認。

googleプレイスとyahoo!ロコプレイスに登録

googleプレイス
http://www.google.co.jp/landing/placepages/
yahoo!ロコプレイス
http://locoplace.yahoo.co.jp/

飲食店であれば、食べログに登録

http://tabelog.com/

facebook、twitter、google+ アカウント作成

フェイスブック
http://ja-jp.facebook.com/
ツイッター
https://twitter.com/
google+
http://www.google.com/intl/ja/+/learnmore/

無料プレスリリース掲載サイトの利用

無料で被リンクを増やすには、プレスリリースを原稿を作り、無料プレスリリースサイトに登録すると効率がいいです。

無料プレスリリース先一覧
http://www.writer.co.jp/index_press.html
プレスリリースの書き方 参考サイト
http://www.atpress.ne.jp/first_time/howtotext/
生のプレスリリース実際に掲載されているファイルを参考にしよう。
http://www.atpress.ne.jp/Default/SearchPr/

新聞社、編集者へのプレスリリースの投稿

ホームページのジャンルに適した新聞、雑誌の編集局にプレスリリースを送ると採用されやすいです。

運用・PDCAサイクルに必要なサイト

google ウェブマスターツールへの登録

google analyticsで分析

google adwordsやYahoo!リスティング広告経由のコンバージョン数を、正しく計測する方法については下記のページで確認ください。
正確なコンバージョンを把握する方法。adwordsやyahoo!スポンサードサーチ。analyticsの目的設定・URL生成ツール・トラッキングページビューの利用

google adwords

yahoo!リスティング広告

競合他社調査

上記のSEO対策をしても、越えられない競合他社ページがあると思います。
上記の対策を行った場合、越えられない原因は

  1. ドメイン年齢
  2. コンテンツの数
  3. 被リンクの数

であることが多いです。自社サイトよりも上位にあるサイトを下記のサイトで
徹底的に調べて、他社サイトよりも劣っている個所があれば、その部分を
重点的に増強します。

マイサイト被リンクチェックツール「ハナサキガニ」
http://hanasakigani.jp/
競合被リンクチェックツール
http://hanasakigani.jp/serp.html
seo診断ツール「イトマキヒトデ」
http://itomakihitode.jp/
seo診断ツール dipper
http://dipper.septeni.co.jp/
ページオーソリティーチェック Open Site Explorer
http://www.opensiteexplorer.org/

SEOの注意点

わざとらしいSEOは、ペナルティを受けることがあります。
ウェブ担当者は必ずgoogleウェブマスター向けガイドラインを一読したほうがいいです。
対策したつもりが、ペナルティで検索されなくなった時の機会損失はない方がいいですよね。

https://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35769


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13004)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/336

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要
新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ