2013.01.11ネットワークやPCのトラブル

光回線と3G回線、モバイルWiFi・ポケットWi-Fi・LTEの違い

NTTの光ファイバー網を部屋に引く光回線と外で携帯電話回線網を使う3G回線やLTEについて

NTTの光ファイバー網(または光回線網)を利用した「Bフレッツ」「フレッツ・光プレミアム」「フレッツ光ネクスト」

光回線とはNTTの「フレッツ光」と呼ばれる光ファイバー網を利用するインターネット回線のことを言います。


「Bフレッツ」「フレッツ光ネクスト」「フレッツ・光プレミアム」はNTTが提供する光ファイバーサービスの名称です。
「Bフレッツ(東日本/西日本)」「フレッツ・光プレミアム(西日本のみ)」はNTTが提供していた初期の光ファイバーサービスの名称で
現在は、「フレッツ光ネクスト」という、Bフレッツよりも高品質で高速度のサービスが提供されています。

設置時は外部の電線から光ファイバーを屋内に引き込む工事を行います。

フレッツ光ネクストの通信速度の目安

フレッツ光ネクストの通信速度:下り(送信時)最大200Mbps、上り(送信時)最大100Mbps(※上り下りともにベストエフォート型)

携帯電話会社の回線網(3G回線)を利用した外でも利用できるインターネット

モバイルワイファイとポケットワイファイの違い

NTT・イー・モバイル・ソフトバンクが提供している「モバイルワイファイ」や「ポケットワイファイ」は、各携帯会社の携帯電話回線網(主に3G)を利用して、インターネットを可能にします。
ポケットに入る位の小さなルーターとパソコン等を無線でつなげて利用します。
携帯電話回線網を利用するので、携帯電話の電波が届く場所であれば、インターネットが可能です。

モバイルワイファイ(Wi-Fi)とはNTTの携帯電話回線を利用したインターネットです。
NTTが提供している3G回線を利用したインターネットサービスが「光ポータブル」です。

ポケットワイファイ(Wi-Fi)とはイー・モバイルおよびソフトバンクモバイルの携帯電話回線を利用したインターネットサービスです。
サービス名はそのまま「ポケットワイファイ」です。現在では3G回線よりも早いLTE回線を利用した「ポケットワイファイLTE」を利用できます。

LTEとは、3Gと同じ電波を改良した回線網です

LTEは利用する周波数帯域や使用する帯域幅が3Gと共通でありながら、電波利用効率がより優れているため、混雑で通信速度が極端に遅くなっている3G回線の代わりに、この混雑を解消し、より高速な通信を実現する技術として注目を集めています。

携帯電話回線網(3G回線網)とLTEの通信速度の目安

携帯電話回線網(3G回線網)の通信速度の目安:下り(受信時)最大14Mbps、上り(送信時)最大5.7Mbps(※上り下りともにベストエフォート型)

LTEの通信速度の目安:下り(受信時)最大75Mbps/上り(送信時)最大25Mbps(※上り下りともにベストエフォート型)

※ベストエフォート型とは、回線速度を同じアクセスポイントに接続さている人達で分けて使う形式のことをいいます。
同じアクセスポイントに接続しているで常に重たいファイルをダウンロードしているような人がいると、通信が遅くなります。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4556)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/714

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要
新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ