2011.06.26xoopsズープス

リニューアルメモその弐。いま流行の

TwitterTwitter

でサイト更新をお知らせするよう設定してみました。

Twitter独自のフィード取り込み機能を利用する方法もあるのですが、タイムラグが大きい、ということで、リアルタイムで更新できるFriendFeedFriendFeed経由で設定しました。

設定方法はこちら(ideaxidea.com)がなんかで紹介されてます。

Twitterは本来ミニブログですが、このような使い方もできる、ということで。こういう使い方増えてくるんだろうな。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11656)
2011.06.26金銭的に得する方法

山梨県甲府上下水道局ではクレジットカード支払いサービスは
利用できません。(甲府水道局のホームページでは導入を検討しているとしているが、1年間変化がありません。)

ただし、ひとつだけクレジットで支払う方法がありました。

ファミマTカード

ファミマTカードはクレジットカード可能です。
そして200円で1ポイントついてきちゃいます。
・還元率(0.5%)

あまりよくないですが、つかないよりはましです。
ちなみに今月は支払いが8500円程度なので、
45円程度お・と・く

 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10294)
2011.06.26金銭的に得する方法

■好きなもの
・ただ
・ポイント

■嫌いなもの
・手数料
(特に振込手数料)
・罰金
(交通違反の罰金)
・延滞料
(CD・DVDレンタルの延滞料)
・ポイントのつかない支払い


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8523)
2011.06.25メールの送受信エラー関連情報
スパムメール(SpamMail)の判断基準には主に下記のようなものがある。

1)過去にspamを送られたことがあるIPアドレスを経由している
2)本文中にspamで宣伝していたことがあるURLがある
3)援助交際とかSEXとかAdult VideoなどといったNGワードがある
4)ベイズ理論という統計的手法でspamと普通の文章の構造を解析比較
5)1971年とか2020年とかいったありえない日付で送られたかどうか
6)spamを送る者(以下spammerと略す)が常用している大量メール送信ソフトの痕跡
7)spammerが多数いると思われる怪しいIPアドレスから送られているかどうか
8)メールの形式が標準的でないものかどうか


減点方式で評価が行われます。
どのような項目で、どんな評価がされたかは、メールのヘッダーという箇所を見ると表記されてます。
outlook 2007でのヘッダー情報の確認方法は以下のページを確認してください。
http://support.biglobe.ne.jp/settei/mailer/win-oe/outlook2007/ol2007_008.html

以下、とあるメールのヘッダー情報です。
減点方式で合計スコアが
5.2点以下では普通のメールとして届く。

5.2点よりも高いスコアのメールはspamと判定される。
(メールのタイトルの先頭に[SPAM] と追記されます。)


pts rule name description
---- ------------------------------------------------------------------------
0.6 NO_REAL_NAME From: does not include a real name
0.3 STAR *
0.5 FORGED_RCVD_HELO Received: contains a forged HELO
0.2 SUBJ_ILLEGAL_CHARS Subject contains too many raw illegal characters
2.5 RAZOR2_CF_RANGE_51_100 BODY: Razor2 gives confidence level above 50%
[cf: 100]
0.1 RAZOR2_CHECK Listed in Razor2 (http://razor.sf.net/)
1.5 URIBL_JP_SURBL Contains an URL listed in the JP SURBL blocklist
[URIs: livedear1.com]
4.0 URLBL_RBLJP Has URI in url.rbl.jp
[URIs: livedear1.com]

合計スコア 8.7
5.2点よりも高いスコアのメールはspamと判定されます。
(メールのタイトルの先頭に[SPAM] と追記されます。)


4.0 URLBL_RBLJP というように4点付けられたことが一番影響があります。

rbl.jpは、不正中継が可能なサイトのブラックリスト(DB)を公開している協会です。
登録されてしまうと、spamとして判断されてしまいます。

 

ブラックリストに登録される際の基準は、
「メール中継可能である」

もしくは

「実際に spam に利用されたことがある」

などのようにリスト毎に異なるので利用にあたっては確認しておく必要がある。
自サイトのメールサーバーがこのリストに掲載されていると、spam対策にこのリストを使っているサイトから受信拒否されることがある
ので、第三者中継に使われないよう対策した上でリストからの削除依頼手続きを検討する必要がある。

spam対策にこれらのリストを利用する場合、
リスト掲載基準によっては無実のサイトからのメールも
受信拒否してしまう可能性があることに注意する必要がある。

詳しくは情報処理推進機構のページをご覧ください。
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/antirelay.html


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18502)
2011.06.25メールの送受信エラー関連情報

一部のユーザーにメールが届かない現象が発生しました。
メールのログを見ると、spamhausによってスパム扱いされていた訳ですが、
内容は自宅サーバのIPアドレスがCBLにリストアップされていたことによるものでした。。

ttp://www.spamhaus.org/query/bl?ip=IPアドレス ※こういうのがログに残っている
で、この場合、

ttp://cbl.abuseat.org/remove.cgi?ip=IPアドレス」にアクセスすることで、 CBLリストからの削除申請ができる訳ですが、場合によっては数時間後に再度リストアップされてしまう場合もあります。
・・削除しては再リストアップ、、の繰り返しにも限界があります。・・こういう場合は、メールサーバーの設定に問題がある可能性がありますので、確認した方がいいです。

この手の情報は、以外にネット上に無いもんですが、以下のサイトが参考になりました。

    bluemoon.XOOPS(c)-Mailserverの設定-Mailserverの設定-ドキュメント
    SPAM判定を受けない為に



弊社の場合も、postfixの”mydomain”の設定がFQDN形式で設定されていませんでしたが、これを正しく設定する事で、再リストアップされる事はなくなりました。。。

ちなみに今回のような事が起きると、スパムメールの判定にspamhausを使用しているメールについてのみ、メールが届かなくなります。
フリーメールの有名どころでは、”hotmail”なんかがspamhausを使用しているようでした。

ま、スパムメールもうっとうしいですが、スパム扱いされるのも面倒なもんですね。
こういうIPアドレスリストによるスパム判定の精度、更にspamhausの精度なんかも微妙なもんだとは思いますが、メール配信をするようなサービスを運営している場合は、こういう事にも注意が必要でしょう。

さくらの専用サーバーを利用している場合は、
デフォルトではIPアドレスからFQDNは引けない(localhost.localdomainになってます。)
申請が必要です。


IPアドレスからFQDNへの変換(以下「逆引き」)」の設定の申請
http://support.sakura.ad.jp/support/rs/rs-domain.html


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13667)

新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ