2012.05.11フラッタースケープ

フラッタースケープで出品が禁止されている商品。輸出できない商品

禁制品

禁制品と呼ばれる、関税法で輸出が禁止されている以下の商品は、
輸出した場合には、関税法等で処罰されてしまうため、フラッタースケープで出品できません。(出品しても輸出ができません。)

関連法令:関税法第69条の2

  • 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤
  • 児童ポルノ
  • 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、育成者権を侵害する物品
  • 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号までに掲げる行為を組成する物品

他法令

関税関係法以外の法令(通称「他法令」)の規程により許可、承認等必要なものがあります。
輸出通関(申告)時に税関へ提出し、確認をうけなければ輸出許可がされない場合があります(関税法第70条)。
また、ものによっては複数の法令に該当する場合があります。

関連法令:輸出貿易管理令

輸出貿易管理令

機械:電池、圧力計、IC、センサー、測定器、工作機械、ロボット、コンピュータ、X線装置、電源、熱交換器、かくはん機、遠心分離機、エンコーダー、通信装置、暗号装置等

機械パーツ:ディーゼルエンジンパーツ、フィルター、ポンプ、 バルブ、ベアリング 等

通信:光ファイバー、通信ケーブル、伝送通信装置等

加工材料:アルミ合金、チタン合金、人造黒船、ベリリウム合金等

輸出貿易管理令

米ぬか、うなぎの稚魚、はまぐり、冷凍あさり等

文化財保護法

重要文化財または重要美術品、天然記念物、重要有形民俗文化財

絵画、彫刻、工芸品等

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律

鳥類、哺乳類に属する野生動物等

鳥、獣及びそれらの加工品、鳥類等の卵等

家畜伝染病予防法

動物及びその派生生物

偶蹄類の動物、馬、鶏、あひる、兎、みつばち及びこれらの動物の肉、ソーセージ、ハム等、稲わら(一部)等

狂犬病予防法

動物及びその派生生物

犬、猫、あらいぐま、きつね、スカンク等

植物防疫法

植物

コーヒー豆、かご、生花、米、麦、小麦粉、生鮮野菜

麻薬及び向精神薬取締法

麻薬、向精神薬、麻薬向精神薬原料等

大麻取締法

大麻草、大麻草製品

あへん法

あへん、けしがら

覚せい剤取締法

覚せい剤、覚せい剤原料

その他

禁止規制品、他法令以外で、輸出時に必要な注意事項があります。
下記に該当する場合は注意してください。

化学物質等安全性データシート

危険有害性があると判断された科学物質

第一種指定化学物質(462物質)、第二種指定科学物質(100物質)

輸出梱包規制

食品

相手国によって異なります。詳しくは送り先国の情報をご確認ください


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8285)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.suehirogari.com/modules/blog/tb.php/496

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントは全て承認が必要
新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ