2012.02.29seo対策

古いぺーじから、新しくリニューアル際に、
どうしても「無くなってしまうページ」や「完全に同じページがない」
「ディレクトリが異なる」事が良くあると思います。

そんなときも、リンクポピュラリティーを落とさないために、
301リダイレクトを利用します。

【ディレクトリ配下の前ページから、個別ページへの転送】
http:www.hogehoge.net/cgi-bin/jobdb/ 配下の全ページを
新しいサイトの一覧ページへ転送
------------------------------------------------------------------------------------------
Redirect 301 /cgi-bin/jobdb/ http://www.hogehoge.net/modules/job/
-----------------------------------------------------------------------------------------

【個別ページから個別ページへの転送】
現在googleに登録されているページを同じ(似ている)内容のページに転送
(※尚、現在google検索エンジンに登録されているページは site:ドメイン で検索できます。
例 「 site:hogehoge.net 」 で検索します。 )
------------------------------------------------------------------------------------------
★書式は以下の通り★
Redirect 301 /cgi-bin/jobdb/ http://www.hogehoge.net/modules/job
-----------------------------------------------------------------------------------------

まず検索サイトに登録されているページで、
旧ページURLと新しいページURLの対応表を作ります。
(※旧ページのドメイン部分は.htaccessの記述に必要ないので、削ります。)
/company.html → http://www.hogehoge.net/modules/company/
/forcompany_job.html → http://www.hogehoge.net/modules/inquiry1/index.php?op=2
/forcompany_services.html  → http://www.hogehoge.net/modules/inquiry1/index.php?op=2
/forcompany_about.html → http://www.hogehoge.net/modules/inquiry1/index.php?op=2
/jobs_search.html → http://www.hogehoge.net/modules/job/
/qanda.html → http://www.hogehoge.net/modules/faq/
/voices.html → http://www.hogehoge.net/modules/voice/
/registration.html → http://www.hogehoge.net/modules/inquiry1/
/privacy.html → http://www.hogehoge.net/modules/inquiry1/
/jobs_about.html → http://www.hogehoge.net/modules/type/
/jobs_flow.html → http://www.hogehoge.net/modules/flow/

この対応表を元に.htaccessファイルを作成します。

.htaccessファイルの
★書式は以下の通り★

Redirect 301 /company.html http://www.hogehoge.net/modules/company/
Redirect 301 /forcompany_job http://www.hogehoge.net/modules/inquiry1/index.php?op=2
Redirect 301 /forcompany_services.html http://www.hogehoge.net/modules/inquiry1/index.php?op=2
Redirect 301 /forcompany_about.html http://www.hogehoge.net/modules/inquiry1/index.php?op=2
Redirect 301 /jobs_search.html http://www.hogehoge.net/modules/job/



尚、 .htaccess ファイルが利用できないサーバーの場合は、
meta refreshを使う方法でも転送時間を0秒にすれば、301リダイレクトと同じ意味として
扱ってくれます。

.htaccess をアップロードした後の作業
・cssの絶対path部分のURL変更
・メタを index,followに変更
・robots.txtファイルの Disallow を削除
・xoopsのmainfile.phpで、XOOPS_ROOT_PATHとXOOPS_TRUST_PATHのパス変更(/home/ユーザ名/karihogehoge.net/public_html → /home/ユーザ名/hogehoge.net/public_html)
・XOOPS_URLを http://www.karihogehoge.net/ → http://www.hogehoge.net/
・株式会社ベットさんのx2サーバーの リモートサイト上で、ディレクトリ名の変更( karihogehoge.net → hogehoge.net )
・ネームサーバーの変更
・ローカルのhostsファイルに、IPアドレスとドメインを結びつけます。ウェブサーバーのIPアドレスは株式会社ベットさんのx2サーバーのサーバー管理ツールの サーバー情報 で確認できます。
・ウェブマスターツールのsitemapの再登録
・プレスリリースの配布
・yahoo!リスティング広告やgoogle adwordsのPPC広告の利用


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6499)
2012.02.29seo対策

ページをリニューアルしたときに起こる問題点
・旧ホームページでyahoo!やgoogleに登録されているページが
検索結果でクリックされたときに、404エラー(ページが見つかりません。)という表示になる。
・404エラーは、SEO対策に悪影響となる。
(※URLが変わるという事は、その古いURLへアクセスしてきたユーザーや、これまで蓄積した検索エンジンの評価(リンクポピュラリティやページランク)を取りこぼしてしまうことになります。)

そのため、HTTPリダイレクト という、機能を利用します。
HTTPリダイレクトとは、「このページは引っ越しましたよ!(または、なくなりましたよ)」と、
ブラウザにお知らせする機能です。

引越しをお知らせする方法(HTTPリダイレクト)には2種類あり、

301リダイレクトは、「完全にページが引っ越した(なくなった)」事を知らせ、任意のURLに移動させるするときに、

302リダイレクトは、「一時的に引っ越しました(いずれ戻します)」を知らせ、任意のURLに移動させるするときに利用します。

今回はホームページをリニューアルするので301リダイレクトを利用します。

さて、301リダイレクトをどのように利用するかというと、
「 .htaccess 」ファイルに 「 301をお知らせします。このページに移動してください。 」
といった内容を記述します。
 

http://www.hogehoge.net/cgi-bin/jobdb/ 以下のページを
http://www.hogehoge.net/ 以下の同じページにリダイレクトしたい場合には、下記のように記述します。

【ディレクトリ配下のページから個別のURLへ】

Redirect 301 /cgi-bin/jobdb/ http://www.hogehoge.net/

【個別のURLから個別のURLへ】

Redirect 301 /company.html http://www.hogehoge.net/modules/company/

 




 


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5943)
2012.02.27xoopsズープス

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
inquiry_form_1.htmlの時に、 actionに フルパス 「 ?op=1 」を追加する
<form name="form1" method="post" action="<{$fullpath}>index.php?op=1" id="form1">
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
inquiry_check_form_1.htmlの「戻る」ボタンの近くの、 actionに フルパス 「 ?op=1 」を追加する
<form name="form1" method="post" action="index.php?op=1" id="form1">
または
<input type="button" name="cmd" value="戻る "onclick="location.href='<{$URL}>/index.php?op=1';" />
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これで、フォーム1の「内容を確認するボタン」 と フォーム1の「戻るボタン」 が関連付けられます。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6876)
2012.02.27フラッタースケープ

Retail Price( in Yen)
小売価格(=仕入れ価格)

Inbound Shipping fee ( in Yen )
国内配送料

Seller Fee
売り手の利益

Weight( in Grams )
重量

Listing Price
表示価格

FS Free 10%
フラッタースケープ手数料 表示価格の10%

Net income
Amount flutterScape will remit to your PayPal
ネット上の報酬
フラッタースケープがあなたのペイパルに入金する金額

Personal income
Amout you earn
個人的な報酬
あなたが稼ぐ金額


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10560)
2012.02.26フラッタースケープ

 

円安になってきたから、買いやすくなったのか、2品目の商品が売れました。
今回の商品は

flutter scape表示価格(listing price): 52ドル (4,222円) 1ドル=81円
【売買で費用がかかる代金】
仕入れ費用:1980円
購入店からフラッタースケープ株式会社までの商品配送料:840円
PayPalからお金を引き出す代金:250円
合計3070円

【flutter scape表示価格(listing price)から引かれるもの】
表示価格(4222円)の10%=422円  3800円



 

3800円(Pyapalに入金された金額)-3070円(仕入れ値+販売経費)=730円の利益
在庫リスクを抱えないので、このぐらいでしょうか。

※登録時 Amount FlutterScape will remit to your PayPal:3800円 と記載されます。
※Flutter Scapeからの支払いはPayPalへの入金です。


このカテゴリの人気記事



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13338)

新着記事一覧

キーワードでサイト内を検索
人気のエントリ